読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何気ない日常の中に潜む選択

今日は僕の住む地域では生憎の雨で、いつもどおり朝通勤しようとしていたんですが、通勤手段には自転車と電車のふた通りがありました。

 

 

 

結局、あまり雨も降っていなかったので自転車で会社に向かい何気なくいつも通りの道を通勤し、いつもと気分を変えるために、曲がる道を一本ずらしてみました。

 

 

 

そしたらその道沿いにはパン屋さんがあり、朝からすごく美味しそうなパンの匂いを嗅ぐことができました。

 

 

何が言いたいかというと、私たちは日々自分たちで考え、選択します。

 

 

もし私がいつも通りの道を曲がっていると、朝から素晴らしい香りを見つけることはできなかったでしょう。

 

 

もしくは、電車に乗っていれば超美人OLを拝めるチャンスがあったかもしれません。

 

 

本当に小さなことですが、こういう選択ってすごく大事なのではないかと今日感じました。

 

 

今日はたまたま良い思いができただけで、もしかしたら曲がり角で人をひたかもしれませんし、少し時間が違えばパンの匂いはしなかったかもしれません。

 

 

その時の選択、時間など全てが合わさったことが自分の体験できることって考えると、一瞬一瞬でとても大事なんじゃないかって気持ちになりますよね!

 

 

明日普通に通勤するのも、黄昏るためにあえて逆方向の電車に乗って海を見に行くのも、仮病を使って休むのも、それぞれ全く違う経験があり、あなたの明日の選択次第で、周囲の人の選択の仕方も変わってきます。

 

 

本当に小さくてくだらないことですが、なんか小さいけど大きいなあと勝手に思っていたので、書いてみました。